守りの資産である金地金を購入するならラスターレイク

いざという時は金地金投資が一番安全です。




日本人はここ数十年ずっと平和に過ごしてきているので、あまりピンとこないですが、私たちが普段使っている通貨、つまり1万円札などの日本円の価値は、国内情勢や国際情勢によってかなり変動する可能性があります。例えば、大災害が起こって日本国内の経済が落ち込んだりすれば、通貨の信用が下がって価値が下落する可能性がありますし、また戦争などに巻き込まれた場合も通貨の価値が下がる可能性があります。そんなこと起きるわけないと思う人もいるかもしれませんが、しかし昨今の日本を取り巻く状況をみると、けして楽観ばかりしていられないような状況です。ですから、日本円だけで資産を保有しているのは、ちょっとリスクがあると言わねばなりません。

投資をする際も、1つのものにだけに投資するのではなく、バランスよく資産を分散してリスクヘッジをすることが重要だとされています。株やFXで攻める資産保有もいいですが、いくらかは安全な資産で持っておく守りもとても重要です。そして守りの資産として一番おすすめなのが金地金です。金は稀少価値のある実物資産で、現在のような将来に対する不確実性が高まっているような時には価格が上昇する傾向があります。ですから、長期的に見て価格上昇も見込めるので、守りの資産としても攻めの資産としても使えるといえます。資産のいくらかをこの金投資に回しておくのは悪くない選択肢といえます。しかし、金を買う際に1つ気をつけたいことがあります。それは海外で購入した方が安く買えるということです。

口コミで人気なのが、ラスターレイクという会社を通じて海外の金を買う方法です。ラスターレイクを通じて金を買えば、日本国内では支払わなければならない消費税を払わずに済みます。今日本では消費は8%もします。日用品の買い物などでしたら、数十円などで済みますが、購入価格が何百万円にもなる金地金を購入するとなると、消費税も数十万円単位になってきますから馬鹿にできません。


[PR]
# by aka15satana | 2017-10-18 10:52

不動産投資による資産運用の特徴とは

不動産投資による資産運用はミドルリスク・ミドルリターンであると言われています。一方で株式や通貨への投資は価格変動が激しくハイリスク・ハイリターンとされます。より大きな利益を求めるなら株式や通貨に投資することも考えられますが、一定の結果を残すには知識と経験が必要です。

不動産投資による資産運用と株式や通貨への投資の違いは、目的とする利益の性質にあります。不動産投資ではインカムゲインを主な目的としますが、株式や通貨への投資ではキャピタルゲインが主な目的とされます。インカムゲインとは運用益のことで不動産投資の場合には家賃収入のことです。株式の場合には配当金や株主優待が、通貨の場合にはスワップポイントがインカムゲインに該当します。キャピタルゲインとは取引によって得られる利益のことです。不動産や株式、通貨などを売買することで得られた利益はキャピタルゲインに該当します。株式や通貨は流動性が高く頻繁に取引が行われています。不動産は逆に流動性が低いため頻繁に取引を行ってキャピタルゲインを得るよりも、安定した家賃収入を得る方が合理的です。不動産も株式や通貨も市場価格は変動します。しかし不動産の場合には長期的な資産運用によって市場価格が下落するリスクを回避することができます。不動産投資の主な目的は安定した家賃収入です。短期的に市場価格が下落しても家賃収入を得ながら再び上昇する時期を待つことができます。また市場価格が上昇した場合でも必ずしも売却するのが合理的とは限りません。優良な入居者が存在し家賃収入が安定してある場合には売却せず保有し続けるのが合理的な選択です。

株式や通貨への投資では信用取引が行われ、元手の何倍もの取引ができます。そのため多くの利益を得る可能性がありますがリスクも大きくなります。マンションやアパートなど不動産への投資であれば長期的な資産運用によってリスクを回避できるので、投資の初心者にも適しています。不動産への投資はミドルリスク・ミドルリターンとされます。しかし長期的な資産運用によりリスクを回避しながらある程度の利益を確保できるという特徴があります。

[PR]
# by aka15satana | 2017-10-17 10:51 | Comments(0)

資産運用とギャンブルの違いを理解しておこう

FXは、資産運用の一つであってギャンブルではありません。言い換えれば、ギャンブルに分類されているものを資産運用として利用すると失敗に繋がります。

そもそも、FXとギャンブルと呼ばれているモノには根本的な違いが存在することを理解しておかなくてはいけません。その大きな違いとして存在するのが、ギャンブルを主宰している胴元の取り分です。これを一般的に控除率と言います。控除率が存在する取引では、長期的に見て必ず取引をする人物が勝てないようになっているので、注意をしなくてはいけません。控除率は、賭けの対象となっている取引を始めた段階で、その取り分を搾取するシステムのことを意味します。例えば、日本国内では公営ギャンブルの競馬に対して控除率が設定されています。この控除率は変動制になっていますが、長期的に見ていくとだいたい20%から25%の間で控除率が推移しているのがわかります。もっと具体的に述べると、100円の馬券を購入すると常にそこからマイナス20%から25%の取り分が差し引かれていることを意味するわけです。この場合は、配当があったとしても常に75円から80円程度の利益しか存在しないことを意味します。では、FXではこうした控除率はどのようになっているのでしょうか。

FXの場合で考慮される控除率に相当するものは、業者に対して支払う手数料しか存在しません。しかし、この手数料はギャンブルにおける控除率と比較すると微々たるものしか存在しません。しかも、取引をしたときに必ず多くの金額が摂取されるわけではなく、金額によって非常に小さなお金しかとられません。実際に、FXの手数料はスプレッドという相場の差益によって生まれますが、このスプレッドの範囲はそれぞれの業者によってかなり異なっている傾向にあります。初めから数%の手数料を摂取するという仕組みが存在しませんので、資産運用としては非常にやりやすい取引になっているわけです。


[PR]
# by aka15satana | 2017-10-11 10:50

資産運用に役立つ経済の知識の基本

資産運用では、長い期間で利益を出すためにもその取引でどのようなリスクが発生するのかを常に確認しなくてはいけません。特に、FXでは、レバレッジと収益のリスクを最小限に抑えるために、為替レートがどのように動作するかを理解することが最善の方法です。特に、初心者は、次の2つのアイデアを学ぶ必要があります。それは、円高と円安という二つの考え方です。

為替レートは、相対的な観点からの通貨の値です。世界中の通貨が一目で価値があるように見えると言っても過言ではありませんが、実際には世界の通貨自体にはほとんど価値がありません。例えば、日本円の価値を決めているのは日本でも日本人でもなく、海外の国々でもありません。それぞれの国が独自の通貨を持っているのは確かですが、それがどの通貨が価値があるかを決定するのは国際的な評価のみです。そうした国際的な価値を明確にするための指標として存在する為替レートです。例えばニュースでは、円安や円高とよく言う言葉が飛び交っています。そもそも、円安や円高という考えが他国の通貨の価値を比較する非常に有益な言葉だということを忘れてはいけません。これは、FXを資産運用で利用する際の基本であるとも言えます。

円安や円高は常に外貨の価値という視点で表現されています。例えば、円安になれば、他国の通貨は常に高いことを意味します。だからこそ、ニュースでは他の通貨と比較してドル高円安という表現を使います。円高も同じで、円に比べて他の通貨の価値が安ければ、円高ドル安と言う表現を使います。また、ヨーロッパ諸国で使用されているユーロとポンドの通貨だけでなく、あまり有名ではない通貨も扱われています。基本的な考え方はまさに同じで、FXの場合は為替レートに使う通貨の価値の高さや価格だけを暗記すれば問題ありません。初心者であっても不必要な知識は必要ないのでお勧めです。円安と円高は、ほとんどの資産運用で役に立つ知識なので知っておいて損はないでしょう

[PR]
# by aka15satana | 2017-10-07 11:31

株式での資産運用のコツについて

株式を利用して資産運用を行うのであれば、リスク管理をしながら長期投資をすることが必要です。短期間での売買を繰り返す方法では、心理的な負担が大きくなります。短期で多くの利益を生み出すのではなく、長く安心して保有を続けることができる手法を学ぶことが必要です。もちろん株式の長期保有にもコツはあります。

例えば底値で安く購入しようとするのは難しいものです。かといって、相場が大きく上昇する中で購入すると、購入単価が高くなります。資産運用としては購入単価を下げつつ、株数を増やすような方法が適切です。値上がり益を得ることが目的ではなく、あくまでも株数を増やすことを念頭にポジションを操作することになります。そのためには、まず株価のトレンドを読むことが必要になります。これはチャートを見ることで、ある程度の流れというものを把握することができます。高値や安値を結ぶことによって、トレンドラインを引くことができます。これが上向きであれば株価は将来において上昇し、逆に下向きであれば下げ相場であることが分かります。あとは下げ相場から上げ相場へと転換するタイミングで購入し、逆に下げ相場へと反転するならば売却して現金を残すようにします。

購入も売却も一度に全て行うのではなく、少しずつ相場の様子を見ながら行うことが大切です。このような細かくポジションを操作することで、損失のリスクも回避できますし利益も蓄えることが可能となります。得た利益は買い増しに使うので、いわゆる複利運用ができるというわけです。大きな下げ相場に突入するような場合には、一度に全てを決済することも必要です。そのまま保有を続けると、含み損が膨らんで大きなダメージとなってしまうからです。このように長期保有と言っても、ある程度の操作は必要になります。そのための技術を向上させることも資産運用には必要というわけです。一度購入したからといって、そのまま放置するようなことは避けることが大切と言えます。


[PR]
# by aka15satana | 2017-10-02 11:31

資産運用会社の口コミや評判情報をまとめてます。最近は金投資のラスターレイクについてよく調べることが多いので記事が偏ってますが、他の情報も随時収集して記事にしてきます。


by aka15satana
プロフィールを見る
画像一覧