FXと外貨預金の違い。資産運用に適しているのは?

短期的に取引を繰り返す場合を除いて、資産運用ではいかにリスクを抑えることが重要になります。外貨預金は入金している資金で外貨を買い付け保有し、その通貨による金利利息や値動きで利益を上げます。日本円は世界的にも類を見ない低金利通貨ですので、外貨を買えば円よりも高い利息がつくことがほとんどです。

FXでも外貨預金と同様に利息が発生します。スワップ金利と言い、2つの通貨の金利差による損益です。金利の高い通貨を売って低い通貨を買えば利息はマイナスになってしまいます。FXが外貨預金と違うのは、持っている資金以上の取引ができる「レバレッジ」という仕組みです。例えばレバレッジ10倍では、入金した資金の10倍の外貨を売買できるようになります。日本のFX会社で取引する場合は最大25倍までと規制されていますが、海外の会社では1000倍近いレバレッジをかけることができる会社もあります。高すぎるレバレッジは長期資産運用にはあまり向いていません。長期間保有していると予想外な値動きをすることがあるからです。もし手持ちの資金が一定以下になると損失拡大を防ぐためのロスカットが発動します。

しかしFXでは外貨預金と比較するとかなり低い手数料で売買をすることができますので、短期トレードを繰り返す人にとってはとても魅力的な商品です。手数料が少なければ少しの値動きでも利益を出すことができます。中にはシステムトレードで、小さい利ザヤをたくさん拾っていくような投資を行う人もいます。資産運用方法、取引方法は人それぞれ違っています。どのような金融商品にもメリットとデメリットがあり、大きなメリットの裏にはリスクが潜んでいることもあります。取引を始める前に、その金融商品がどのような特徴があるものなにか把握しておきましょう。特に信用取引では口座の残高以上のマイナスが発生してしまうこともあります。そうなるとそれは借金になってしまいますので、注意しなくてはなりません。

[PR]
by aka15satana | 2017-04-10 14:06

資産運用会社の口コミや評判情報をまとめてます。最近は金投資のラスターレイクについてよく調べることが多いので記事が偏ってますが、他の情報も随時収集して記事にしてきます。


by aka15satana
プロフィールを見る
画像一覧