外貨預金よりもFXが資産運用に向いているわけ

FXと聞くとリスクが高くて損失を出す危険があると思っている人もいます。実は資産運用の方法を低リスクに抑えれば、銀行での資産運用よりもかなりメリットがある取引です。
その理由は資産の安全性と高い金利にあります。円を預金として預けていてもほとんど利息が付きません。外貨預金であれば高い金利で利息をもらうことができます。FXでも同様にスワップ金利と言われる利息をもらうことができます。レバレッジ1倍で運用していれば外貨預金と同じくらいの利息になります。しかもFXの場合は会社の経営状態が悪化して破たんしてしまったとしても、資金は全額保証されています。銀行が倒産してしまった場合は外貨預金は保証対象外となっているため、お金が戻ってこない危険性があるのです。少しレバレッジを利かせた取引をすれば、少ない資産でもたくさんの利息をもらうこともできます。レバレッジを上げていけば当然ロスカットになってしまうリスクが出てきますが、数倍程度であれば長期運用することも可能でしょう。長期間保有していれば、利息による利益が値動きによる損失をカバーすることも可能でしょう。
外貨預金ではFXと比較すると高い取引コスト、保証されていない危険性があります。銀行の取引だから安全というわけではないのです。通常の普通預金の保証額も1000万円までです。FX会社では全額信託保全によって、会社にもしものことがあった場合でも損失を被ることはありません。もちろん取引していたポジションが強制決済されてしまう可能性はありますが、少なくとも損をするようなことはない仕組みになっているのです。ただ、望み通りの取引をするためには、会社の健全性は確認しておいたほうが良いでしょう。会社は自己資産比率を公開していますので、資金の健全性を確認し、口座開設をするときの参考にしてみると良いでしょう。金融危機はいつ訪れるかわかりません。リスクに備えた取引をすることが大切です。

[PR]
by aka15satana | 2016-12-05 23:09 | Comments(0)

資産運用会社の口コミや評判情報をまとめてます。最近は金投資のラスターレイクについてよく調べることが多いので記事が偏ってますが、他の情報も随時収集して記事にしてきます。


by aka15satana
プロフィールを見る
画像一覧