不動産投資も資産運用の分散投資の一つとして大切だと思う

不動産投資も資産運用の一つとして大切だと思います。株、不動産、債券はやはり分散投資として欠かすことが出来ないと考えています。どれか一つに投資を集中するのはやはりかなり危険性が高くなると思いますし、どれが最もいいパフォーマンスを出すのかは誰にも分からないことです。

最近は金融商品が増えていて、魅力的な金融商品もかなり出てきていますが、まずはこの三つをきほんとして考えるのがいいと思っています。株は大きく収益を上げる可能性がありますし、不動産は人が経済活動をしていると値上がりも期待できる投資といえるでしょう。債権は安定しているという意味で大きな意義があります。大きな収益を上げることは出来ないでしょうが、失敗するリスクが圧倒的に低いというのは魅力的です。株や不動産で大きな収益を上げることを狙いつつ、債券で安定した収益を確保しておくというのはビジネスとして考えても大切なことだと思います。

一時期不動産は日本では魅力がなくなるのではないかという考えもありましたが、日本もこれからさらに経済活動が活発化することも大いに考えられます。オリンピックもありますし、各種の景気対策が効果を発揮することも期待できます。

基本的に人が活発に経済活動をしていれば、それは景気拡大につながることになります。そうした意味では不動産は安定した需要があり景気を重視する国ではかなり魅力的な金融商品となると考えられます。株はもちろん景気が良くなれば大きく利益を出すことが出来る可能性もありますから、これも魅力的です。

投資はどんな金融商品も魅力があり、それぞれに収益性がでそうな気がしますが、実際に利益が出るのはそれほど多くないということもあります。であれば、投資は分散投資を基本として集中投資は避けるということを基本としてするのが一番だと考えます。自分のように専門の投資家ではない人はまずは分散投資を考えてリスクを管理するようにするのがいいと思います。それが資産運用の基本であり、不動産投資だけを外したり、集中投資したりするのは避けた方がいいと感じます。

[PR]
by aka15satana | 2017-06-04 11:10

資産運用会社の口コミや評判情報をまとめてます。最近は金投資のラスターレイクについてよく調べることが多いので記事が偏ってますが、他の情報も随時収集して記事にしてきます。


by aka15satana
プロフィールを見る
画像一覧