資産運用するなら不動産投資がおすすめ

現在の日本で老後に安心して暮らせる保証はありません。年金や退職金でいくら貰えるかわからない以上、自分でお金を蓄えて老後に備える必要があります。この時、お金を蓄えると言っても銀行預金をするのはあまりおすすめできません。日本の銀行金利は低く、送金や引き出し時の手数料が高いので、余裕資金を預けていてもメリットは少ないです。銀行預金は必要最小限にして、資産運用でお金を使うと良いでしょう。資産運用はお金を使ってお金を稼ぐというものです。資産運用は安定した収入を見込める商品にお金を投資して、数年掛かりで初期投資額を回収、その後の収入を老後の蓄えとするのが理想です。

資産運用の投資先として選ばれやすいのは不動産投資です。建物や土地といった不動産は資産価値が高く、これを有効に活用することで大きな収入を得られるようになります。例えば、マンションやアパートといった建物なら、入居者を募集して貸し出すことで家賃収入を得られます。土地は整備して設備を導入すれば駐車場経営やコインランドリーなどの経営で収入が得られます。不動産投資は長く利用できるほど総収入が増えるのが魅力です。

初期投資で多額の資金が必要になりますが、一般的なサラリーマンくらいの収入があれば金融機関を利用してお金を借りると良いでしょう。借りたお金は働いて得た収入や不動産投資で得た収入から返済できます。不動産の規模によりますが、上手に運営できれば3年~10年程度で返済できると考えられます。

完済後、不動産投資で得た収入を利用して新しい資産運用を検討するのも良いでしょう。長期的に収入を生み出す不動産は退職した後で頼りになります。退職後は暇な時間も増える為、本格的に不動産投資をするという人もいます。不動産は収入を生み出すだけでなく、建物や土地価格によって一定の価値があります。売却して手放すことで、まとまった収入を得られるということを覚えておくと良いでしょう。

[PR]
by aka15satana | 2016-09-25 10:29

資産運用会社の口コミや評判情報をまとめてます。最近は金投資のラスターレイクについてよく調べることが多いので記事が偏ってますが、他の情報も随時収集して記事にしてきます。


by aka15satana
プロフィールを見る
画像一覧