ハイリターンが期待できるFXを利用した資産運用

今日の日本では、その歴史的な低金利状態のため、銀行の預金金利はほとんどゼロの状態が続いています。定期預金でさえ、預金金利は0.1%以下で、これだと、多くの資産を銀行に預けても利息収入はほとんど期待できません。そこで、近年では、資産の一部を投資に回して資産を増やす、資産運用を検討する人が年々増えてきています。

資産運用としては、株式投資が一般的ですが、その他にも、不動産投資や外貨投資など、実際にはさまざまな投資先が存在します。また、全資産を1つの商品に集中的に投資するのは、リスクの観点からおすすめできません。商品の性格、リスクやリターンなどが異なった、さまざまな商品に分散して投資するのが好ましいです。

また、リスクを恐れて、低リスクの商品ばかりに投資するケースも見受けられますが、リスクが低い商品は一般にリターンも低いため、低リスク商品ばかりだと資産の増加はあまり期待できません。そこで、資産運用のバランスという観点からは、比較的リスクが高いものの、リターンも期待できる商品にも分散投資するのが賢明です。

高リターンが期待できる商品として、代表的なものにFX取引があります。FXの正式名称は外国証拠金取引で、その取引対象は、2つの通貨のペアです。代表的な通貨ペアとしては、例えば、米ドルと日本円のペアである米ドル円や、米ドルとユーロとのペアであるユーロドルなどあります。

FXでは、通貨ペアの間の為替レートの変動をうまく捉え、一方の通貨を買い、他方の通貨を売りにする取引をタイミングよく行うことで、為替差益を狙います。また、証拠金取引という名前からもわかるように、レバレッジ取引が可能です。レバレッジ取引を利用すれば、差し入れた証拠金に対して数倍もの額の通貨ペアを一度に取引することができるため、少しのレート変動でも大きな利益を得ることが可能です。しかし、このレバレッジは両刃の剣でもあります。想定したものとは逆方向にレートが動いたときには、少しのレート変動でも大きな損失となるおそれがあります。

これが、FXがハイリスク、ハイリターンと言われる所以です。FX取引を資産運用に用いるときには、あまり多くの資産を注ぎ込まないことが重要です。多くの資産を投入してしまうと、想定外の大きなレート変動が起こったときに、差し入れた証拠金が一気に吹き飛ぶほどの大損失を抱えることがありますので、注意が必要です。

[PR]
by aka15satana | 2017-07-13 10:48

資産運用会社の口コミや評判情報をまとめてます。最近は金投資のラスターレイクについてよく調べることが多いので記事が偏ってますが、他の情報も随時収集して記事にしてきます。


by aka15satana
プロフィールを見る
画像一覧