不動産投資による資産運用の特徴とは

不動産投資による資産運用はミドルリスク・ミドルリターンであると言われています。一方で株式や通貨への投資は価格変動が激しくハイリスク・ハイリターンとされます。より大きな利益を求めるなら株式や通貨に投資することも考えられますが、一定の結果を残すには知識と経験が必要です。

不動産投資による資産運用と株式や通貨への投資の違いは、目的とする利益の性質にあります。不動産投資ではインカムゲインを主な目的としますが、株式や通貨への投資ではキャピタルゲインが主な目的とされます。インカムゲインとは運用益のことで不動産投資の場合には家賃収入のことです。株式の場合には配当金や株主優待が、通貨の場合にはスワップポイントがインカムゲインに該当します。キャピタルゲインとは取引によって得られる利益のことです。不動産や株式、通貨などを売買することで得られた利益はキャピタルゲインに該当します。株式や通貨は流動性が高く頻繁に取引が行われています。不動産は逆に流動性が低いため頻繁に取引を行ってキャピタルゲインを得るよりも、安定した家賃収入を得る方が合理的です。不動産も株式や通貨も市場価格は変動します。しかし不動産の場合には長期的な資産運用によって市場価格が下落するリスクを回避することができます。不動産投資の主な目的は安定した家賃収入です。短期的に市場価格が下落しても家賃収入を得ながら再び上昇する時期を待つことができます。また市場価格が上昇した場合でも必ずしも売却するのが合理的とは限りません。優良な入居者が存在し家賃収入が安定してある場合には売却せず保有し続けるのが合理的な選択です。

株式や通貨への投資では信用取引が行われ、元手の何倍もの取引ができます。そのため多くの利益を得る可能性がありますがリスクも大きくなります。マンションやアパートなど不動産への投資であれば長期的な資産運用によってリスクを回避できるので、投資の初心者にも適しています。不動産への投資はミドルリスク・ミドルリターンとされます。しかし長期的な資産運用によりリスクを回避しながらある程度の利益を確保できるという特徴があります。

[PR]
by aka15satana | 2017-10-17 10:51

資産運用会社の口コミや評判情報をまとめてます。最近は金投資のラスターレイクについてよく調べることが多いので記事が偏ってますが、他の情報も随時収集して記事にしてきます。


by aka15satana
プロフィールを見る
画像一覧