<   2016年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

資産運用するなら不動産投資がおすすめ

現在の日本で老後に安心して暮らせる保証はありません。年金や退職金でいくら貰えるかわからない以上、自分でお金を蓄えて老後に備える必要があります。この時、お金を蓄えると言っても銀行預金をするのはあまりおすすめできません。日本の銀行金利は低く、送金や引き出し時の手数料が高いので、余裕資金を預けていてもメリットは少ないです。銀行預金は必要最小限にして、資産運用でお金を使うと良いでしょう。資産運用はお金を使ってお金を稼ぐというものです。資産運用は安定した収入を見込める商品にお金を投資して、数年掛かりで初期投資額を回収、その後の収入を老後の蓄えとするのが理想です。

資産運用の投資先として選ばれやすいのは不動産投資です。建物や土地といった不動産は資産価値が高く、これを有効に活用することで大きな収入を得られるようになります。例えば、マンションやアパートといった建物なら、入居者を募集して貸し出すことで家賃収入を得られます。土地は整備して設備を導入すれば駐車場経営やコインランドリーなどの経営で収入が得られます。不動産投資は長く利用できるほど総収入が増えるのが魅力です。

初期投資で多額の資金が必要になりますが、一般的なサラリーマンくらいの収入があれば金融機関を利用してお金を借りると良いでしょう。借りたお金は働いて得た収入や不動産投資で得た収入から返済できます。不動産の規模によりますが、上手に運営できれば3年~10年程度で返済できると考えられます。

完済後、不動産投資で得た収入を利用して新しい資産運用を検討するのも良いでしょう。長期的に収入を生み出す不動産は退職した後で頼りになります。退職後は暇な時間も増える為、本格的に不動産投資をするという人もいます。不動産は収入を生み出すだけでなく、建物や土地価格によって一定の価値があります。売却して手放すことで、まとまった収入を得られるということを覚えておくと良いでしょう。

[PR]
by aka15satana | 2016-09-25 10:29

株式投資という資産運用の一つの方法

株式は、資産価値があり、価値が上下するため、売り買いをすることでも利益を上げることができます。また、配当をすることもあるため、配当がなされればそれも利益とすることができます。その他、株主優待として、一定以上の株を保有している人に対して、その会社の提供するサービスの利用券や、商品などが配られることがあります。これも、たくさんの株式を持っているとそれなりにもらうことができるため、資産運用を検討するうえでは一つの指標となるでしょう。



資産運用を考える場合、やはり資産を増やすことが目的のはずです。それを考えれば、銘柄としては将来的に成長する思える所に投資するというのが基本線でもあります。ただし、そういった買い方以外の投資方法もあります。その会社の将来性を見て投資をするのではなく、チャートの上下の仕方を見て、利ザヤを得るという投資です。こちらの方法の場合は、投資をしてからずっと同じところの株式を保有し続けるのではなく、短期的な売買を繰り返して利益を得るという方法です。短期的な売買で、その日のうちに取引を繰り返していく方法は、デイトレードといいます。

どちらの資産運用の形が良いのかという正解はありません。ただ、どちらかといえば後者の方がリスクはあります。短期的な動きにつられてしまい、買い時と売り時を冷静に判断できない場合、失敗してしまいやすいからです。ただ、じょうずな人は、目先の動きに目を奪われるのではなく、きちんと冷静な判断をすることができる人もおり、そういった方にはこちらも向いています。デイトレードの場合は、単純に張り付いて値動きを見ていかなくてはなりませんし、株式市場は平日に開かれている物ですから、専業がある人には難しい方法でもあります。

結論として、資産運用として株式投資の方法はいろいろな手法があり、それぞれにメリットデメリットがあるということになります。したがって、自分にとってどちらが良いのかを考えて選びましょう。



[PR]
by aka15satana | 2016-09-22 10:51

FXは自分のスタイルで実践できる資産運用

資産を増加させる資産運用には、日本円を外貨に交換する取引であるFXと言う手法が存在します。FXは日本国内のみならず多くの国で行われている世界的な取引であるため、この資産運用で大きな利益を上げている人は少なくありません。




外貨の取引に関しては、FXを利用しなくても金融機関を利用すれば簡単に行うことができるため、その延長上の取引としてFXがあると考えれば難しくありません。例えば、円をドルに交換して入手することをドル回と言いますし、または円売りと言います。これは一般的な通貨の取引でも使われます。通貨には、それぞれの国の信用や経済状況を考慮した相対的な価値が与えられます。こうした価値は相場という通貨の価値の基準を確認することで誰でも把握できるようになっています。1ドル100円であった場合には1円を渡せば100円を貰うことができるということを意味するため、それぞれの通貨にはそれぞれの通貨を買ったり売ったりするための相対的な価値が必要になるわけです。

FXでは、こうした価格変動を検討して投資を行っている取引のことを指します。資産運用として利用する場合には、インターネットを利用したボタン操作のみで取引をすべて終わらせることができるので、日本中どの地域にいたとしても安全に取引が可能です。利益の出し方も非常に簡単で、仮に1ドル100円の相場でドルを買ったとすれば、これが1ドル110円の時に売り抜ければ10円の利益になります。これを10万円の単位で行えば位階の取引で1万円の利益が出たことになります。通貨の取引のみで利益を出す取引であるため、株式のように個々の企業情報を参考にする必要性が全くありません。チャートや経済の大きな流れを見極めることによって、利益を簡単に出していくことができます。本人のスタイルに合わせて資産運用ができるため、自身でアルゴリズムを作ってリズムよく取引を進めて行ける魅力があります。


[PR]
by aka15satana | 2016-09-15 10:54

資産運用会社の口コミや評判情報をまとめてます。最近は金投資のラスターレイクについてよく調べることが多いので記事が偏ってますが、他の情報も随時収集して記事にしてきます。


by aka15satana
プロフィールを見る
画像一覧