<   2016年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

資産運用でFX取引を行うなら注文の出し方に工夫を

リスク管理はどの資産運用をするにも、必要になってきます。FXの場合のリスク管理は、まず損失をできるだけ少なく抑えることです。もちろんレバレッジを低くすることと、自分の身の丈に合った取引金額で取引をするということが重要なのですが、ほかにもリスクはあります。FXの会社が倒産したら?パソコンが壊れてしまったら?急に現金が必要になったら?いろいろなことを考えていくと困ってしまいます。できるだけ想定できるリスクは事前に考えてから、取引するのがいいでしょう。業者が倒産しても自分のお金が返って来るように、信託銀行などで分別管理をしている業者と取引することも大切です。FX業界も証券会社のように競争が激しくなってきています。手数料の下げ競争なども始まっていますが、手数料だけに目を向けて経営方針がいい加減な会社と取引すると後で取り返しのつかないことになりかねません。

資産運用としてFX取引を行うときは、レバレッジのコントロールと資金の管理が非常に重要になってきます。このことは損切りと塩漬けをどう考えるかということに、つながってきます。レバレッジが10倍以上の場合は、損切りすることをまず念頭に置いておいた方が無難です。追加証拠金が発生する可能性が、高まるからです。いざという時のための余剰資金が銀行などにあれば問題ありませんが、FXの口座に入っているお金以外に手元に資金がない人は損が大きくならないうちに早く決済して、損を確定することが資金を守るための最善の方法となるからです。レバレッジが高い場合は、必ず損切りするということを頭に入れておき注文を出すときに一緒に損切り注文も出しておくなど、工夫が必要です。あるいは急激に為替が動き出したらOCO注文で、損切り注文も入れるなどすれば大丈夫です。OCO注文を使って利益を出している人もたくさんいます。皆さんもOCO注文を使いこなして、しっかりとリスクの管理をしながら資産運用を行ってください。

[PR]
by aka15satana | 2016-11-25 10:58

株式での資産運用のポイント

株式投資には色んなスタイルがありますが、資産運用となると長期的な視点に立つ必要があります。ただし長期保有といても、購入してそのまま放置するという意味ではありません。

基本的に企業の業績が良い銘柄を選びますが、株式相場全体の流れの影響も受けて、株価が上下します。そこで一時的に下落したタイミングで買い増しをするように、少しずつ増やすのがポイントとなります。底値を狙って元での全てを投入するのは避けるべきです。株価は大抵の場合、細かく上下に動きながら上昇したり下落します。これはチャートのトレンドラインを引くことで視覚的に確認することができます。上昇トレンドにある時には保有を続けて、下落トレンドに入ったならば利益確定をして一旦ポジションを閉じるのが基本です。けれども配当を得るためにどうしても株式を保有しておきたいこともあります。そのような時には、信用取引を利用して空売りをするのも一つの手段です。

保有する現物株と同数の空売りをしておけば、両建てのポジションとなって下落相場でも含み損は発生しません。そのまま保有しておけば、配当を受け取ることができます。やがて上昇トレンドに転換した時に、この空売りを決済すれば下落分の利益を得ることにもなります。さらにその利益を使って株式を買い増しすれば、保有数が増えます。その分、配当も多く得ることができるようになるわけです。このように相場の動きに応じてポジションを操作する形で資産運用を行うことができます。また株数を増やしていくことで多くの利益を得ることにつながりますし、慣れればポジションを増やし続けることもできるようになります。ひとつの銘柄に絞って取り組むことで、その銘柄の癖もつかめるようになりますし、さらに上手に操作できます。注意したいのは、決して短期の上下動を狙って利益を出そうとしないことです。空売りもあくまでもリスクヘッジとして使うのがポイントとなります。

[PR]
by aka15satana | 2016-11-18 11:12

資産運用で成功したいならFXがお勧め

資産運用で成功したいけど、どうしたら良いか悩んでいる方、お勧めは、FXです。資産運用方法としては、様々な方法があります。株式投資であったり、国債や社債に投資する方法、マンション等の不動産に投資する方法等様々です。株式投資や不動産投資は、基本、多額の資産が必要になります。

株式投資では、安い値段で株式を買って、高くなったら売るという方法で利益をあげるのですが、この株価の差と言うのは、1ケ月やそこらでは、ほんの少ししか変わらない為、多くの資産を投入しないと、儲けることが難しい投資になります。不動産投資は、まず、アパートやマンションを建てたり、中古のものを買う必要があり、数千万円以上の資産が必要になる投資です。生活に影響を与えないような、余剰分の資産を運用するような方には、向いているのですが、少しの資産をちょっとでも増やしたいという方には、不向きの投資です。そこでお勧めなのが、FX投資になります。

FX投資の魅力は、何といっても少額で大きく稼ぐことができる点です。レバレッジという手法を使い、自己資産の10倍や100倍の資産で投資を行うことができます。例えば、円ドルで投資をするとして、1ドル110円で、ドルを買ったとします。そして、2日後、1ドル115円になったところで、円を買い戻したとします。もし、1000ドル買っていた場合は、5000円の収益になります。ここで、さらにレバレッジを聞かせて投資していた場合、仮に、100倍のレバレッジだと、50万円の利益を得ることができます。このようにFX投資で稼ぐには、レバレッジの活用は必須です。ただし、当然ながら、逆に為替が変動して、損失を出すこともあります。投資では、損失を最小限に抑えることが成功の秘訣です。どのように損失を最小限に抑えるかといいますと、為替が予想と逆に動きだしたらできるだけ早く、損切を行うということです。こうするだけで、損失を最小限に抑えられて、資産運用で成功することができます。


[PR]
by aka15satana | 2016-11-12 11:14

騰落レシオによる株式の過熱感分析

株式で資産運用をされている方であるならば、「騰落レシオ」という言葉を耳にされた方も多いのではないでしょうか。そして、なんとなくその意味がわかっているような気分にはなっているものの、では「騰落レシオ」とは何ですかと問われると、はっきりと答えることができないという状況なのではないでしょうか。そこで、ここでは皆様の株式資産運用のために、「騰落レシオ」について解説していくことにしましょう。

まず、この「騰落レシオ」は、一定期間の株価下落銘柄数に対する株価上昇銘柄数の比率をとったオシレータ指標で、相場の過熱感を測る指標となっています。一般的には、過去25営業日間の株価値上がり銘柄数を、過去25営業日間の株価値下がり銘柄数で割って、100を掛けた値が用いられることが多いと言えます。なお、この場合の株価上昇とは、株価の終値が前日比で上昇したもの、株価下落とは、株価の終値が前日比で下落したものを表しています。

それでは、この「騰落レシオ」をどのように使用すればよいのかという点ですが、120パーセント以上となっていれば買われすぎ、70パーセント以下となっていれば売られすぎと判断することができます。では、この「騰落レシオ」をどのくらい信用してよいのかということですが、いくつか注意しておきたい点があります。

まず、「騰落レシオ」は、各銘柄の株価上昇あるいは株価下落の幅というものを考慮していないということです。それから、「騰落レシオ」では、時価総額の大きさというものも考慮されていません。ですから、「騰落レシオ」の方向性と株価指数の方向性には大きな乖離が生じることもあるという点に注意が必要です。また、この指標は株式市場一般の過熱感を表したもので、個々の株式銘柄が割高なのか割安なのかという指標ではないということにも注意が必要です。ただ、株式マーケット全体が低調であれば、当然個別の株価も割安になる傾向が高いということは言えます。

[PR]
by aka15satana | 2016-11-05 11:19

FXで勝つために必要な考え方

FXを始めるきっかけは人それぞれです。ただ単に興味本位で始める人もいれば、「資産運用」を目的としてFXを始める人もいます。特に後者(資産運用目的)の場合、暇つぶしの方法として行っているわけではない以上、高い確率でもって行っていかなければいけません。そのため、「どのようにすればFXで勝てるのか」を知っている必要があります。

外貨投資の一種である以上、得をすることもあれば損をすることもある仕組みになっています。もっとも、FXのシステムとしては「資産が潤沢ならほぼ確実に利益を出すことができる」ので、必ずしも損失を生むことを避けるべき行動をとりつづけなければいけないというわけでもありません。当然、少しでもリスクを回避する行動をとることは必要ですが、「勝つ」という目的を達成するだけならば必要性は高くないということです。

しかし、それだけの資本をもって運用している人ばかりではないので、やはり「勝つ方法」を知ることが大前提です。勝つ方法を知っていれば負けるリスクを減らすことができる以上、より効率よく資産を増やしていくことが可能になります。ただ、「必勝法」というものはありません。強いて挙げるのであれば、先に紹介しているような「利益が確定するまで保有し続けられる資産を持つこと」です。

では何が必要なのかというと、「負けない方法を知ること」です。勝つ方法は限定的になってしまいますが、負けない方法にはさまざまなアプローチがあります。資産が多い人、少ない人それぞれが自身の状況に応じて対策を講じていけば、より少ないリスクで資産運用をすることが可能になります。

FXで負けないために大切なことは、「無理をしないこと」に尽きます。常に取り引きをし続ける必要は一切なく、「今は相場が動く」というタイミングでのみ取り引きをして利益を確保する方法が非常に効率的です。どのような動きになるのか不確定な状況を避ける努力をすると、勝ちやすくなります。

[PR]
by aka15satana | 2016-11-01 11:20

資産運用会社の口コミや評判情報をまとめてます。最近は金投資のラスターレイクについてよく調べることが多いので記事が偏ってますが、他の情報も随時収集して記事にしてきます。


by aka15satana
プロフィールを見る
画像一覧