<   2017年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ラスターレイクでは金地金を安く買えると評判です


ラスターレイクでは一般的な金地金の販売会社よりも8%以上安く購入できるため評判です。同社で金を安く購入できる理由は、海外で金の取引を行う点にあります。日本国内では金地金の取引に8%の消費税と販売会社の諸経費が必要です。しかし海外では多くの国々で金が非課税扱いとされています。ラスターレイクはドバイを中心に海外で金の取引を行っており、同社を通すことで8%以上も安く購入できます。金地金を安く購入できれば、当初の資金が少なくても投資を始めることができるため評判となっています。また同社が提供するサービスは割安な金地金の販売だけではありません。顧客が購入した金を担保として利用することで、分散投資を行っています。



金には安定した価値があるため、世界経済が不況に陥った場合でも価値が失われることはありません。2008年に世界的な金融恐慌が発生しました。株式や債券には発行主体が破綻して投資資金を回収できなくなる信用リスクが存在します。世界的な金融恐慌で株式や債券の信用リスクが顕在化する一方で、金が持つ安定した価値が見直されるきっかけとなりました。2010年には欧州の清算機関であるICEクリア・ヨーロッパが金を担保として利用すると表明しています。現在では金の担保的価値を活用する流れが一般的なものとなりました。ラスターレイクも金を担保として利用する世界的な潮流に注目して新たなサービスを展開しています。
顧客がラスターレイクを通して購入した金は、同社が海外で提携するプライベートバンクに保管されます。保管された金は担保とされ、分散投資が行われることになります。顧客は金の保管を依頼する期間を1年、3年、5年から選択可能です。分散投資によって得られた利益は毎月固定額の配当金として分配されます。顧客が選択した保管期間中は配当金が保証されています。ラスターレイクによる分散投資は平均的な年間の利回りが30%以上という優れたものです。顧客は金の値上がりによる売却益だけでなく、安定した配当金まで得られるため評判となっています。



[PR]
by aka15satana | 2017-06-29 11:39

不動産投資による資産運用のメリットとは

不動産投資による資産運用の大きなメリットは、毎月安定した家賃収入を得ることができる点にあります。株式やFXなどへの投資であれば、短期的な取引により利益を得ることも可能です。しかし不動産投資による資産運用の場合には長期的な視野に立って行うのが一般的となります。株式や通貨は高い流動性を有しています。一方で不動産は流動性が低く、頻繁に取引を行うものではありません。マンションなど投資用不動産を購入した場合には一時的に市場価格が下落するリスクが存在しますが、長期的に安定した家賃収入を得ながら値上がりの時期を待つことができます。

株式やFXのような短期的取引ではなく、長期的な資産運用を行うことでリスクを減らすことができる点に不動産投資のメリットがあります。投資の初心者が株式やFXで短期的に利益を出すには一定の知識と経験が必要です。不動産投資による資産運用であれば、時間を味方にすることで投資の初心者でも効率的に利益をえることができます。またマンションやアパートなどを購入する際には投資用ローンを活用するのが一般的です。投資用ローンは不動産を担保とするため元手の資金が少なくても融資を受けることができます。働きながら投資用ローンを活用し、毎月の家賃収入で返済するのが合理的な方法です。定年に合わせて完済すれば、家賃収入の全てを老後の支えにできます。投資用不動産からは毎月安定した家賃収入があるので、怪我や病気などの事情で働けない場合でも安心です。さらに投資用ローンを利用するためには団体信用生命保険に加入することになります。債務者が死亡や重度の障害により返済が不可能な場合には団体信用生命保険が肩代わりする仕組みです。遺族に借金の負担のない不動産を遺すことができます。また不動産を売却すれば遺族年金の代わりとして活用できます。相続が発生した場合も不動産を購入していると有利です。相続税の計算において不動産は現金よりも評価が低いため、相続税を節約できます。

[PR]
by aka15satana | 2017-06-21 11:35

FXの資産運用で考えたいドローダウン

かつては外国為替を扱うFXといえば、投資銀行や生命保険会社などの、大口の資金の資産運用を行う機関投資家が中心となっていて、マーケットはきわめて限られたものでした。しかし、最近では一般の銀行でも口座開設者向けにFXを取り扱っている場合があるなど、資産運用の手段として、かなりポピュラーなものになりつつあります。

一般の人がFXによる資産運用を図る上で考えなければならないのは、リスクとリターンとのバランスをどのように確保すべきかという点です。実際にFXをはじめてみればわかるとおり、外国為替相場はわずか数時間の間隔でも、価格の上昇と下降を常に繰り返しています。そのため、ある段階で買い、または売りでポジションを構築したとしても、それが一気に目標とする価格まで進むことは珍しく、価格の上下動により、いったんは含み損を抱えた状態になり、その後に含み益に転換し、ポジションの決済によって利益を確定するというプロセスをたどるのが普通です。

この場合、ドローダウンとよばれる、一時的な含み損の状態を甘受するだけの十分な証拠金がなければ、強制的な決済、いわゆるロスカットによって、損失のほうが確定してしまいます。FXにおける資産運用では、しばしば資金管理の重要性が指摘されていますが、ドローダウンの発生をあらかじめ見込んだ上で、それに対応した余裕のある金額の証拠金をもって取引することが求められています。

たとえば、米ドルなどの外国通貨を1万通貨分だけ購入したとすれば、為替相場が期待した方向とは逆の方向に1円変化するだけで、1万円の含み損を抱えてしまうことになります。しかし、仮にこのような含み損が一時的にはあったとしても、その後に切り返して価格が上昇に転じれば、保有していたポジションは含み益になります。そのため、ドローダウンがあっても決済まで辛抱強く待つことができるかどうかが、資産運用の成績を上げるためのキーとなります。

[PR]
by aka15satana | 2017-06-14 11:34

ラスターレイクの金地金投資は資産運用に最適な仕組みがあります

投資家にとって自分の資産を管理すると言う事はとても重要な課題です。時に金融不安などの社会情勢のあまり良くない状況に陥ったときであっても自分の資産を守らなければなりません。そのような状況下に置いて注目されているのが、安全資産と呼ばれている「金の投資」です。

金は様々な金融商品の中でもやや特殊な存在であり、金自体が価値を持っていると言う特徴があります。したがって、会社が倒産したり、国の体制が崩壊する、などの状況下においても価値を失うことがない特殊な資産であると言えるのです。

このような事情から、金融不安が広がる状況下で金の価値が上がって行きます。その仕組みを上手に活用するのが金の投資です。

ラスターレイクという業者では金地金を購入することができます。現物資産を持つことによってどのような状況下でも自分の資産を守る事ができます。このように金を購入することができる業者はいくつかありますが、ラスターレイクが数ある業者の中でも優れている理由の1つとして、日本国内の相場よりも8%程度安い金額で金を購入することができるという特徴が挙げられます。

この仕組みにより国内で購入するよりもはるかにお得に資産運用することができるのです。

このようなサービスを可能とする背景には、金地金を消費税無課税の外国で購入し、保管すると言う方法を採用しています。
ドバイに会社を置いているラスターレイクならではのサービスであると言えるでしょう。

海外のサービスは何かがあったときに不安だから利用しないと考えている投資家も少なくありませんが、ラスターレイクは日本人が常駐しているため、日本語によるサービスの提供が可能です。日本語サイトもありますし日本人による日本語でのサポートも充実していますので安心して利用することができます。

金はそれ自体が価値を持つ一方で、利益を生み出す仕組みを持っていないと言われていますが、ラスターレイクでは購入した金地金をプライベートバンクで保管運用することで、毎月配当を得ることができます。したがって少しでも安く購入でき、尚且つ毎月配当を得られるラスターレイクは注目しておくべきだと考えます。

[PR]
by aka15satana | 2017-06-09 12:54

不動産投資も資産運用の分散投資の一つとして大切だと思う

不動産投資も資産運用の一つとして大切だと思います。株、不動産、債券はやはり分散投資として欠かすことが出来ないと考えています。どれか一つに投資を集中するのはやはりかなり危険性が高くなると思いますし、どれが最もいいパフォーマンスを出すのかは誰にも分からないことです。

最近は金融商品が増えていて、魅力的な金融商品もかなり出てきていますが、まずはこの三つをきほんとして考えるのがいいと思っています。株は大きく収益を上げる可能性がありますし、不動産は人が経済活動をしていると値上がりも期待できる投資といえるでしょう。債権は安定しているという意味で大きな意義があります。大きな収益を上げることは出来ないでしょうが、失敗するリスクが圧倒的に低いというのは魅力的です。株や不動産で大きな収益を上げることを狙いつつ、債券で安定した収益を確保しておくというのはビジネスとして考えても大切なことだと思います。

一時期不動産は日本では魅力がなくなるのではないかという考えもありましたが、日本もこれからさらに経済活動が活発化することも大いに考えられます。オリンピックもありますし、各種の景気対策が効果を発揮することも期待できます。

基本的に人が活発に経済活動をしていれば、それは景気拡大につながることになります。そうした意味では不動産は安定した需要があり景気を重視する国ではかなり魅力的な金融商品となると考えられます。株はもちろん景気が良くなれば大きく利益を出すことが出来る可能性もありますから、これも魅力的です。

投資はどんな金融商品も魅力があり、それぞれに収益性がでそうな気がしますが、実際に利益が出るのはそれほど多くないということもあります。であれば、投資は分散投資を基本として集中投資は避けるということを基本としてするのが一番だと考えます。自分のように専門の投資家ではない人はまずは分散投資を考えてリスクを管理するようにするのがいいと思います。それが資産運用の基本であり、不動産投資だけを外したり、集中投資したりするのは避けた方がいいと感じます。

[PR]
by aka15satana | 2017-06-04 11:10

資産運用会社の口コミや評判情報をまとめてます。最近は金投資のラスターレイクについてよく調べることが多いので記事が偏ってますが、他の情報も随時収集して記事にしてきます。


by aka15satana
プロフィールを見る
画像一覧