<   2017年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ラスターレイクの魅力的な金投資について

金を使った資産運用ならラスターレイクが魅力的であると言う口コミが増えてきています。ラスターレイクと言うのは金地金を取り扱う業者の1つであり、安全資産と言われる金を購入する際に魅力的なプランを提供している業者の1つとして知られています。この業者ならではのメリットがいくつかあるのですが、最もアピールされているのは安く購入することができるという仕組みについてです。日本国内の標準的な相場に対して8%程度安い価格で購入することができると言う仕組みが評判を呼んでいるのです。



このような仕組みが可能になる背景には、金の取引を海外で行うと言う対応が鍵となっています。日本国内での取引には様々な諸経費や税金がかかるためどうしても割高になってしまうのですが、そのような経費がかからない国での取引で完結させるのであればそれらが必要のない経費となるのです。ラスターレイクではドバイを拠点に活動していると言う背景から、日本国内の相場よりも安い価格での取引を可能にしています。もう一つは本来所有しているだけでは富を生み出さない金地金をプライベートバンクで運用することにより、定期的に配当を受け取ることができると言う仕組みを確立していることも口コミで評判になっている理由の1つになっています。通常の取引では金は安く買って高く売却して初めて利益を生み出すものであり、配当とは基本的に縁のないものであるという特徴があるのです。このような常識を打ち破り魅力的な投資の対象とすることができているラスターレイクの仕組みは多くの投資家から注目されることになりました。このような仕組みに気がついた投資家の中にはラスターレイクを使った金の運用を始めている人も少なくありません。長期的に見た場合安定的に子の価値を向上させているのが貴金属としての筋です。金地金を所有することによって大きく資産形成を考えている場合においては魅力的なサービスを提供している業者として利用することができるでしょう。


[PR]
by aka15satana | 2017-09-30 14:07

仮想通貨FXで資産運用を行う場合の注意点とは

最近は資産運用方法として外為FXに加えて、仮想通貨を利用したFXが注目を集めています。仮想通貨は価格変動が非常に激しいため、外貨トレードよりも短期間で大きな利益を得ることができます。基本的に仮想通貨FXも外貨トレードと同じように取引を行うことができます。外貨トレードと異なる点は、源泉分離課税が適用されないことと、業者によっては休日にも取引が出来ることです。

仮想通貨FXで得られた利益については、雑所得として計算されます。このため、過去3年以内の損失分を計上することができません。本業の収入が多くて所得税率が高い方であれば、トレードで得られた僅かな利益でも高い税率が適用されてしまいます。現物取引であれば仮想通貨を日本円に換金せずにモノとして保有し続けることで節税ができますが、証拠金取引の場合には決済をする際に必ず日本円に戻さなければならず、利益に対して所得税が発生してしまいます。

仮想通貨で証拠金取引を行う場合には、税金以外にも注意すべき点もあります。取引所で証拠金取引を行う際に、一定の貸出料(マイナスのスワップポイント)を支払えば仮想通貨を借りて取引を行うことができます。仮想通貨を借りて取引を行っている最中に、ブロックチェーンが分離するケースがあります。例えば、2017年8月1日にビットコインが分裂してビットコインキャッシュと呼ばれる新たな仮想通貨が誕生しました。ブロックチェーンが分岐した時点で元のビットコインを保有していた人は、自動的に新たに発生した同額のコインを所有していることになります。つまり、分裂する直前にその仮想通貨を保有し続けるだけで、新たに誕生した同額のコインを無料でもらえます。

もしもブロックチェーンが分岐した時点でビットコインを借りていた人は、借りたビットコインだけではなく新たに誕生したコインも借りていたことになり、スワップポイントを支払わなければなりません。ポジションを保持した状態でブロックが分岐して新たな仮想通貨が誕生してしまうと、余分の手数料を支払わなければならなくなってしまうので、資産運用を行う際には仮想通貨自体のシステムについても理解しておく必要があります。

[PR]
by aka15satana | 2017-09-23 14:04

外国為替を使った資産運用をする

資産運用にはさまざまな種類がありますが金融商品を購入する投資がもっとも手軽に行うことができます。金融投資としては株式や投資信託などがありますが、より高いリターンが得られる可能性があるのが外国為替です。
外国為替は外国の通貨のことで、外国通貨は日々、取引市場で売買されて価格が変動しています。このためこの価格の変動を利用して差益を得るものです。外国為替といっても種類がありますが、利益を得られるチャンスが大きいのがFXです。

FXは外国為替証拠金取引とも呼ばれ、仕組みとしては証拠金を業者に預けて、その証拠金の金額の数倍から十数倍のお金を動かして、外国通貨を売買して差益を得るというものです。ポイントは証拠金によって売買するので、買いのほか売りからもスタートすることができます。一般にFXは資産運用をするといった面では、リスクが高いと思われていますが短時間の売買ではなく長期的な売買と十分な資金があれば十分に資産運用に使うことができます。

FXで資産運用をするさいにポイントとなるのが、ロスカットをさせないこと、そしてスワップ金利に注意することです。ロスカットとは一定の損失に達すると強制的に決済されることです。十分な資金があればロスカットは実行されませんが、資金がなければロスカットが行われ損失が確定します。これがハイリスクの理由です。一方で現物取引と違って信用取引では保有しているだけでお金が必要になります。FXの場合には通貨ペアに応じて金利差があり、この金利がスワップ金利です。スワップ金利は付与される場合には保有し続けるだけでお金を増やすことができますが、必要になるマイナスの場合には支払い続けなければいけません。このためマイナスのスワップ金利となる組み合わせとなると保有しているだけで預けている証拠金が減り続けます。このためロスカットをされないだけの資金とスワップ金利がプラスになるような組み合わせで資産運用をすることが成功するポイントといえます。

[PR]
by aka15satana | 2017-09-11 14:02

株式投資で資産運用する方法-株主優割引の活用

資産運用の方法として、昔から株式投資が利用されてきました。最近は取引手数料が安価なネット証券会社が普及したため、誰でも手軽に少ない資金で投資に参加することが可能です。インターネットに接続できるPCや携帯端末があれば、学生や主婦の方でも簡単に証券会社にアクセスして取引を行うことができます。

一般的に株式投資で利益を得る方法は、価格変動によるキャピタルゲイン(安い時に購入した高い時に売却して得られる差額)または配当金のいずれかです。企業の業績にもよりますが、配当金は年率1~数%程度です。銀行の定期預金の金利が0.01%前後である事を考慮すれば、年率1%を超える配当金も魅力的です。

少ない資金で資産運用を行って大きな利益を得たい場合にはキャピタルゲインや配当金以外にも、一部の会社が実施している株主優待を活用する方法もあります。株主優待で有名なのは航空会社の無記名式の株主優待券です。飛行機を利用しない場合にはチケットショップに買い取ってもらうことで現金化することが可能で、実質的に配当金とみなすことができます。最近は大手小売店やデパートなどが実施する、株主優待割引が人気を集めています。株主に対して記名式の優待割引券が配布され、買い物の際に割引特典が適用されます。例えば、「三越伊勢丹」の株主優待券は、100株(12~14万円相当)で年間30万円分まで1割引きとなります。普段から三越や伊勢丹、系列のスーパーを利用する場合には、3万円分がお得になる計算です。12万円分の株式を購入して3万円分の割引特典を活用すれば、実質的に投資額に対して25%分の配当金が付くのと同じことです。4年間にわたり株式を保有し続けて優待割引特典を活用するだけで、元が取れてしまう計算になります。この間にも配当金が付きますし、会社が倒産しない限りは株も価値を保っているはずです。

配当金やキャピタルゲイン、株主優待チケットをチケットショップで売却した代金などは全て課税対象です。これに対して株主優待特典を活用した割引は、税金がかかりません。普段利用するお店の優待割引券を活用すれば、割引分については実質的に非課税で配当金を受け取るのと同じことです。株主優待特典は、企業が個人株主向を増やす目的で実施しています。このため、少ない資金でも優待券がもらえるケースがほとんどです。株式投資で普段利用するお店やサービスの優待特典を活用することで、非課税で実質的に大きな利益を得ることができるというメリットがあるのです。

[PR]
by aka15satana | 2017-09-07 15:13

資産運用会社の口コミや評判情報をまとめてます。最近は金投資のラスターレイクについてよく調べることが多いので記事が偏ってますが、他の情報も随時収集して記事にしてきます。


by aka15satana
プロフィールを見る
画像一覧