資産運用をするときにFXを選ぶ理由

資産運用の方法は株や不動産などいろいろあるのに、なぜFXを選ぶのかというと取引を始めるときのハードルが低いということにあります。株を買おうと思ったら業界の動向やその会社の経営状況などを詳しく調べなければいけません。市場で取引されている企業全てが対象となれば、その作業でかなりの時間と手間をかけることになりますが、株と比べればその数はそう多くはありません。ですから初心者でも情報収集をしやすいのです。

それからもう一つの魅力である取引手数料の安さも、取引のしやすさにつながります。株の場合には売買をするたびにある程度の取引手数料を支払うことになります。しかし、FXの場合にはFX会社が取引手数料にしていることが多いので、何度取引をしても利益が目減りすることはないのです。

ただし、誤解してはいけないのが、全く費用がかからないというわけではないことです。FX会社もどこかでお金を得なければ経営を維持する事ができません。では、どこで利益を得ているのかというとスプレッドという費用です。スプレッドは、売値と買値の差額のことで、例えば1ドルが105円10銭から105円11銭というときには売ることが出来る価格が105円10銭で、買うことが出来る価格が105円11銭ということになります。

この価格差であるスプレッドがFX会社に支払う実質的な手数料ということになり、よりスプレッドが小さければ利益が増えるということです。手数料がかかるのであれば、株と同じように思えますが、株の取引手数料と比較しても、十分に安いので魅力的であることは変わりありません。

取引のしやすさということでは、24時かにいつでも取引が出来るという点も注目するべきです。株は株式市場が開いている時間でなければ取引ができませんが、通貨は24時間取引されているものなので、常にチャンスがあるといえます。仕事の休憩時間や仕事帰りなどに資産運用をしてしまいたいという人には最適です。

[PR]
# by aka15satana | 2016-12-18 12:50

資産運用の初歩。意外と手軽な不動産投資について。

資産運用。と聞いて、どのようなイメージを抱くでしょうか?

難しいもの?資金がたくさん必要なもの?勉強がたくさん必要なもの?

確かに、何に手を出すかによっては、そういったイメージも間違いではないのですが、よくよく見てみると、意外とお手軽な資産運用の方法も存在します。その中の一つが、不動産投資です。もちろん、手を出す物件によって難易度が変わってくるものではありますが、入り口が意外と手軽という視点から今回取り上げさせていただきます。

不動産投資とは、土地や建物といった不動産を購入し、その資産を人に貸し、家賃収入をえるモデルです。

土地や物件を買う、となると、すごくハードルが高そうに聞こえますが、実は金融機関に融資を受けてローンを組むことができます。(本人の属性や状況によりできない場合もあります。)月々のローンの返済額と、入ってくる家賃収入の差額が不動産投資の損益として計上されるわけです。月々大きな家賃収入を狙って物件を購入するのも一つの考え方ですし、将来的に資産を持つことを優先して考えるのであれば、月々の収支はマイナスでも、資産性の高い不動産を購入するといった投資スタンスも場合によっては考えられると思います。

勿論、「簡単」というのは何の知識を入れないで始められる、ということではありません。しかし、ある程度の知識を得たのち、リスクが少ない案件をちゃんと選んでいくことができれば、それほど手がかかることなく、確実にキャッシュフローが確保できたり、もしくは将来に向けて安定した資産形成ができたりといったことができるものになります。株やFXといった、比較的、売って、買ってを繰り返さなければいけない投資手法と違って、不動産投資は入り口と出口さえしっかりしておけばある程度は放っておいても大丈夫な投手手法になります。忙しいサラリーマンにもピッタリな投資ですので(ローンを組めること含み)是非とも、怖がらずにまずはセミナーに参加するなど、アクションをおこしてみてほしいです。

[PR]
# by aka15satana | 2016-12-15 12:51

株式による資産運用のスタイルについて

株式投資を行うことで資産運用を行おうと考えている人が増えてきています。最近ではインターネットを使って取引をすることが容易になってきているため、一般のサラリーマンでもこのような世界に飛び込んでいます。そのため様々な考え方に基づいて投資が行われる時代になってきているのです。株式投資はそのための選択肢の1つとしてとても人気が高いのです。
その投資スタイルにはいくつかの種類がありますが、1つは配当金を受け取ることにより資産形成をしていこうと言う考え方です。種類にもよりますが配当を出している場合には1年に2回または1回のペースで配当金を支払っています。定期預金等の利息に似ていますが、株式の場合には決められた日に株を持っているかどうかが問われるため、常に保有していることが求められるわけではありません。1年を継続して保有するか、配当金を受け取る権利が発生する直前に購入するかは投資家の判断によるものとなります。
もう一つは株価の変動によって利益を得ようとする考え方です。株価と言うものは常に変動する性質を持っており購入時よりも売却する時の価格が高ければそれだけで利益が生まれます。このような運用益を中心に資産形成を考える場合もあるでしょう。急成長中の新興の株式等は配当を出していないケースがありますが、それでも買われる背景には成長による株価の上昇が見込まれているからなのです。
株式投資での利益の取り方としては大きく分けてこの2種類が存在しています。これらのうちいずれか、または両方を視野に置いて自分なりの投資方法を身に付けていくというのが個人投資家の課題になるでしょう。必ず利益を生み出すことができる方法と言うものがあるわけではありません。自分なりに様々な資産運用を経験をして有効な方法を見つけ出していくと言うのも投資の楽しさの1つであるといえます。これらは知識として身につけることも大切ですが、経験則として自分だけの判断基準を設けていくということもとても重要な側面となります。

[PR]
# by aka15satana | 2016-12-14 08:28 | Comments(0)

外貨預金よりもFXが資産運用に向いているわけ

FXと聞くとリスクが高くて損失を出す危険があると思っている人もいます。実は資産運用の方法を低リスクに抑えれば、銀行での資産運用よりもかなりメリットがある取引です。
その理由は資産の安全性と高い金利にあります。円を預金として預けていてもほとんど利息が付きません。外貨預金であれば高い金利で利息をもらうことができます。FXでも同様にスワップ金利と言われる利息をもらうことができます。レバレッジ1倍で運用していれば外貨預金と同じくらいの利息になります。しかもFXの場合は会社の経営状態が悪化して破たんしてしまったとしても、資金は全額保証されています。銀行が倒産してしまった場合は外貨預金は保証対象外となっているため、お金が戻ってこない危険性があるのです。少しレバレッジを利かせた取引をすれば、少ない資産でもたくさんの利息をもらうこともできます。レバレッジを上げていけば当然ロスカットになってしまうリスクが出てきますが、数倍程度であれば長期運用することも可能でしょう。長期間保有していれば、利息による利益が値動きによる損失をカバーすることも可能でしょう。
外貨預金ではFXと比較すると高い取引コスト、保証されていない危険性があります。銀行の取引だから安全というわけではないのです。通常の普通預金の保証額も1000万円までです。FX会社では全額信託保全によって、会社にもしものことがあった場合でも損失を被ることはありません。もちろん取引していたポジションが強制決済されてしまう可能性はありますが、少なくとも損をするようなことはない仕組みになっているのです。ただ、望み通りの取引をするためには、会社の健全性は確認しておいたほうが良いでしょう。会社は自己資産比率を公開していますので、資金の健全性を確認し、口座開設をするときの参考にしてみると良いでしょう。金融危機はいつ訪れるかわかりません。リスクに備えた取引をすることが大切です。

[PR]
# by aka15satana | 2016-12-05 23:09 | Comments(0)

株式での資産運用は投資初心者にお勧めです

資産運用として、FXや仮想通貨もありますが、株式による運用はFXや仮想通貨で運用するほどの知識も必要ではなく、初心者でも始めやすい物です。また、手数料もほとんどかからず、小口から開始できるので、今現在の資産が少ない方でも、取引を開始することができます。

仮想通貨などに関する専門的な記事やデータは、いまだ経済新聞や雑誌でも詳しくはなく、初心者が勉強しにくく、データや知識も取り込みにくい状態が続いています。しかし、株式の資産運用に関しては、専門の雑誌や書籍も多く、学習し、応用しやすいものです。経済新聞でも、上場している企業のデータは多いので、非常に情報を集めやすいです。

さらに、株式を取り扱っている証券会社は数多くあり、オンライン上で証券口座も安価で簡単に解説できます。そして、専門的な知識を持った、証券分析を専門にしている証券会社の社員と、相談しながら投資を続けることが容易です。また、株式は小口からの運用ができるので、若い会社員などの資産運用にも向いています。仮想通貨や為替ほど、大きく値動きしないので、ストレスになることもありません。

手数料も非常に安く、ほとんどの取引はオンライン上で完結するので、時間を割かれることもありません。専門的に株を運用するのなら、金融や経済の勉強であったり、財務諸表を読めるようになることが必要ですが。インデックスファンドなどでは、専門的な知識はあまり要求されません。また、多くの証券会社では、債券も同時に取り扱っているので、株と債券を合わせて、損失のリスクを小さくすることも容易です。

株式での資産運用は、簡単に始めることができ、小口での売買も可能なので、初心者に向いているものです。オンライン上では、ほとんど時間をかけることなく、口座を開設できますし、口座維持のための手数料も必要ありません。貯金以外の資産運用を視野に入れている方は、まずは株の運用から始めることが、推奨されます。

[PR]
# by aka15satana | 2016-12-01 10:57

資産運用会社の口コミや評判情報をまとめてます。最近は金投資のラスターレイクについてよく調べることが多いので記事が偏ってますが、他の情報も随時収集して記事にしてきます。


by aka15satana
プロフィールを見る
画像一覧