外貨預金をするくらいならFXで資産運用

外貨預金をするくらいならFXでの資産運用をするべきでしょう。実際、FXは、やり方によってはリスクを外貨預金と同じレベルに抑えた上でより大きなメリットを受けることができるからです。逆に言えば、外貨預金はそれなりのリスクを取らされている割にはメリットを大きくそぎおとされてしまっている、割りに合わない資産運用方法だということができるのです。

これを聞いても、FXは恐い運用方法だ、あっという間に資産がすり減ってしまう、実際にそのようになった人も身近なところにいるという人もいるかもしれません。これはおそらくレバレッジというのが関係しています。レバレッジというのは大きな魅力でもあるのですが、ある意味で諸刃の剣です。初心者はこれを完全に無視しても全く構いません。

そもそもレバレッジというのはてこという意味で、てこの原理により小さい力で大きな重い物を動かすことができるように、少ない自己資金でも大きなお金を動かせる仕組みからこのように名づけられています。例えば自己資金が10万円の場合、普通に考えれば運用できるお金は10万円です。これは当たり前のことです。しかしレバレッジを10倍に設定すると、100万円のお金を運用させてもらえるのです。もし相場が1%上向いた場合、10万円のままで運用した場合はその1%の1000円の利益にしかなりませんが、レバレッジ10倍で100万円のお金を運用していた場合は1万円の利益となるのです。自己資金10万円から見ると利益も10倍の10%となります。

しかしこれは先にも書いたように諸刃の剣です。相場が1%上向いた場合はこのとおり10%の利益ですが、逆に1%下回った場合は今度は10%の損失となるのです。利益と同じく損失も拡大されてしまうのがレバレッジなのです。

しかし、何も恐がることはありません。レバレッジは1倍に設定することもできるのです。こうすればリスクは外貨預金と同じです。その上で手数料の安さといったメリットを受けることができるのです。

[PR]
# by aka15satana | 2017-04-18 14:08

資産運用の基本は株式だと感じてきた

最近は資産運用の必要性をひしひしと感じることになっていて、何をしたらいいのかを迷うことが多いのですが、ようやく株式ではないかと感じるようになってきました。

まだ調べている段階ではありますが、まずは株式から入って、為替などを考えていくのがいいようです。不動産も将来性はあるような気もしますが、まずは株からというのがよさそうです。

資産運用で大切なことはリスク管理だということもだんだん分かってきました。リスクをどれだけとるのかを考えることが最も大切で、そのためには分散投資の必要性も感じるようになりました。分散投資を現物株でするようなことが今のところはいいかなとも感じています。

株は難しいとも感じるところもありますが、特に難しいことを考える必要はないのが分散投資のいいところでもあります。今はETFという上場投資信託がありますから、これで分散投資も出来るようになります。

株で一つの銘柄に絞るというのはとても難しいことですが、ETFであれば銘柄を一つに絞るのではなく、分野ごとに投資をするといったことも出来るのが嬉しいところです。自分はこれからは水事業が鉄板だと感じているので、水関連事業のETFがいいように感じられます。

日本は水というと公営事業のような感じですが世界は民営の方が一般的で名だたる水の業者があります。そうした水事業に投資をすることが出来るのがこのETFの魅力でもあります。ETFは事業全体として投資をすることになるのでいちいち一つの会社の銘柄を気にしないで投資をすることが出来るのも大きな魅力です。

今はまだ株式だけを勉強中ですが、そのうちに為替や不動産なども勉強して分散投資に加えていくといいと考えています。そのためにも資金を貯める必要があるわけですが、それも頑張って進めていって将来は明るい状況にできるといいなとも考えています。今は自分の将来は自分で備えを作るようにする必要があると考えています。

[PR]
# by aka15satana | 2017-04-15 14:07

不動産投資の資産運用としてアパート建設が得になります。

不動産投資の資産運用として親から相続した土地にマンションやアパートを建てる人も多くなっていますが、それにはいくつものはっきりしたメリットがあるからです。

アパート経営を始める人の中には、そもそも自分で土地を持っているわけではなくローンの形で不動産投資を行なっている人もいるわけですが、そういう方法でも利益が出るようになっています。そういう人に比較しまして相続で自分の財産となった人は土地が本人のものですからアパートやマンションの経営で得た利益の中からローンを返済するという部分がありません。よって相続で得た不動産投資の資産運用はとても有望と考えることができます。また現在は預貯金を金融機関に預けても利息は超低金利ですし、株式などに投資を行なっても常にリスクがあります。それらを考えますとアパートやマンションを建てて資産運用するというのは他の運用法と比較してもメリットが多いわけです。

具体的なメリットをいくつか挙げてみますと、まずは家賃という現金収入が入ることです。他の投資ではそうはいきませんのでこれはきわめて安心な点で、上述のような投資をした場合にそのようにコンスタントに定期的な収入は望めません。老後にもたくさんのお金が掛かることを考えますととても頼りになる運用法と言えます。次に節税です。自分の土地にアパートやマンションを建てその一方で自分は会社勤めをしているとします。するとこの人の収入は家賃と共益費を合わせたものに会社の給与所得です。ところがこの場合はアパート側の固定資産税や修繕代の分などを必要経費にできるため、その分課税対象になる額を減らせるわけです。同じ会社で同じぐらいの給料をもらっている同僚に比べて大いに節税できることになります。そしてもう一つは資産を子や孫に残せることです。このような財産はよく生命保険と比較されたりしますが、価格自体は生命保険の受け取り額と同じぐらいでもこちらは建物という形が残ります。これらを考えますと土地にアパートやマンションを建てて資産運用することはとても得になることがわかります。

[PR]
# by aka15satana | 2017-04-14 14:07

FXと外貨預金の違い。資産運用に適しているのは?

短期的に取引を繰り返す場合を除いて、資産運用ではいかにリスクを抑えることが重要になります。外貨預金は入金している資金で外貨を買い付け保有し、その通貨による金利利息や値動きで利益を上げます。日本円は世界的にも類を見ない低金利通貨ですので、外貨を買えば円よりも高い利息がつくことがほとんどです。

FXでも外貨預金と同様に利息が発生します。スワップ金利と言い、2つの通貨の金利差による損益です。金利の高い通貨を売って低い通貨を買えば利息はマイナスになってしまいます。FXが外貨預金と違うのは、持っている資金以上の取引ができる「レバレッジ」という仕組みです。例えばレバレッジ10倍では、入金した資金の10倍の外貨を売買できるようになります。日本のFX会社で取引する場合は最大25倍までと規制されていますが、海外の会社では1000倍近いレバレッジをかけることができる会社もあります。高すぎるレバレッジは長期資産運用にはあまり向いていません。長期間保有していると予想外な値動きをすることがあるからです。もし手持ちの資金が一定以下になると損失拡大を防ぐためのロスカットが発動します。

しかしFXでは外貨預金と比較するとかなり低い手数料で売買をすることができますので、短期トレードを繰り返す人にとってはとても魅力的な商品です。手数料が少なければ少しの値動きでも利益を出すことができます。中にはシステムトレードで、小さい利ザヤをたくさん拾っていくような投資を行う人もいます。資産運用方法、取引方法は人それぞれ違っています。どのような金融商品にもメリットとデメリットがあり、大きなメリットの裏にはリスクが潜んでいることもあります。取引を始める前に、その金融商品がどのような特徴があるものなにか把握しておきましょう。特に信用取引では口座の残高以上のマイナスが発生してしまうこともあります。そうなるとそれは借金になってしまいますので、注意しなくてはなりません。

[PR]
# by aka15satana | 2017-04-10 14:06

FXで資産運用するときは手法にこだわる

資産運用をすることによって、本業とは別の収入を得ることが出来ます。また、慣れてくれば本業よりも収入を増やすこともできるので、できるだけ早い段階で資産運用について考えてみるといいでしょう。インターネットが発達したことによって、携帯電話でも資産運用しやすい世の中になりました。資産運用で一番適しているのはFXに取り組むことです。

FXは24時間市場が開いているので、土日祝日以外は好きな時間に取引をすることが出来ます。サラリーマンでもパートでもアルバイトでも取り組むことができ、副業としても専業としても利用することが出来ます。勝つためには、手法にこだわることが大切で、成功している人から学ぶといいでしょう。現役でFXトレーダーとして活躍している人から教材を購入したり、直接学ぶと相場に対する考えをしっかりと身に着けることができます。独学で勉強をするよりもすでに成功している人の手法をそのまま真似することが大切です。

手法を習得するときに大切なことは、長期的に利益を出し続けられる手法にすることです。短期的に利益が出せるものや特定の相場でしか役に立たない手法を学ぶべきではありません。相場の状況が変化したときに稼げなくなってしまうからです。それよりは、レンジ相場でもボックス相場でもトレンド相場でもしっかりと利益が出せる手法にこだわりましょう。また、手法を学ぶときには、シンプルなものを取り入れるといいです。

複雑な手法を取り入れてしまうと、習得するまでに時間がかかってしまうからです。短期で学習ができて、長期的に利益を出し続けることができる手法に絞って勉強をしましょう。トレードのスタイルによって、どのくらいの利益をだせるかは変わってきます。短期の時間軸でも長期の時間軸でも利益が出せれば、トレーダーのライフスタイルにあわせて取引ができます。臨機応変に対応できるトレーダーとしての能力を身に着けることを心がけましょう。

[PR]
# by aka15satana | 2017-04-09 15:03

資産運用会社の口コミや評判情報をまとめてます。最近は金投資のラスターレイクについてよく調べることが多いので記事が偏ってますが、他の情報も随時収集して記事にしてきます。


by aka15satana
プロフィールを見る
画像一覧