FXで本当にトレードで参考になる書籍の探し方

FXの書籍のタイトルに注目しましょう。タイトルに数字が含まれている書籍はスルーが無難です。例えば1ヶ月で100万稼げるFXといったタイトルの本です。そもそも資金がいくらなのかわかりません。1000万の資金でレバレッジをかければ100万稼ぐこともできるでしょうが、リスクが高いです。お金で釣っているような書籍の内容はトレードの参考にならない場合が多いです。

海外勢のFX関連書籍の中には内容が濃いのが多いです。例えば相場状況やトレードに臨むトレーダーの心理について書かれた有名な書籍があります。カリスマトレーダーが養成したトレード集団が長年勝ち続けてきた足取りと手法が書かれた本もあります。どちらも本の中身が具体的で良い意味で曝け出しています。こういった本は信頼できて、なおかつトレードにも使える場合が多いです。料金は多少高めです。断っておきますが国内の書籍にも名著はあります。しかし、少ないです。

FXで使うテクニカル本であれば、専門の本がおすすめです。ボリンジャーバンドであれば、他のテクニカルについて解説されていない書籍という意味です。全てのテクニカルの使い方が大まかに紹介されている本は、眺める分には良いですが、内容がどうしても薄くなりがちです。具体的な手法についての解説はほとんどされていません。現在FXをやっていてテクニカルが絞られているなら、そのテクニカルに対応した専門書を購入し、何度も繰り返し読んだほうがはるかに勉強になります。

高額な書籍は基本内容が濃い事が多いです。1000円から1500円くらいの書籍は手頃ですが、ほぼ手法にまで触れられていません。一方、2000円から6000円くらいだと具体的なトレード内容、成績などが詳細に紹介されています。実際にトレードした経験談などもリアルで心に響く内容です。安い本を数冊購入するくらいなら、ネットで中身を少し確認した後、高い本を購入する事をおすすめします。

勉強には参考書が必要です。自分に合った良書を見つけてトレードに活かせば、勝つだけではなく、知識に関する面で大きな損失を防ぐ事にも繋がります。


[PR]
by aka15satana | 2018-01-16 09:23

資産運用会社の口コミや評判情報をまとめてます。最近は金投資のラスターレイクについてよく調べることが多いので記事が偏ってますが、他の情報も随時収集して記事にしてきます。


by aka15satana
プロフィールを見る
画像一覧