不動産投資とREITと投資の違い

不動産投資は、現在でも人気のある投資の一つになります。銀行の融資が、不動産への投資が増えているというニュースもありましたが、現在でも人気のある証明の一つでしょう。さらに、ある意味では自宅を購入する人も大きな意味では不動産への投資と同じ意味が含まれております。

自宅も購入するか賃貸にするかで別れるかと思いますが、将来的な価値をどのように判断するかなどをすれば大きな意味では不動産投資といえるでしょう。
ただ、自宅購入の場合は不動産への投資という観点以外にも家族のためなど他の要素も含まれているので、実際に家を購入するときは家族の前ではそこまで投資的観点を持ちださないほうがいい可能性が高いでしょう。

さて、不動産投資といえば現在東証などに上場しているREITも実質的な不動産投資となります。REITは、単純に不動産を運営していて、その利益をすべて配当に回していますので純粋なる不動産への投資と似ているといえます。さらに、個人では手の出せないオフィスへの投資なども行うこともできます。

このREITへの投資と直接不動産への投資の大きな違いは、自分自身でいい物件を探すことができるかできないかでどちらを選ぶかを選択するべきでしょう。REITに関しては、情報公開がされておりますので、それを見て投資することになります。

それに比べて直接不動産への投資は自分自身でいい物件を見つけてくる必要があります。それができる人であれば不動産へ直接投資を行うことのほうがメリットが多くあるでしょう。
また、不動産への投資を行うとレバレッジを大きくかけることも可能になっています。その点でも不動産への直接投資のほうが利益が大きくなる傾向にあるといえるでしょう。

逆にREIT投資のメリットは、自分で物件を探さずに情報公開されているものだけを見て投資をするだけになります。また、手続きなども非常に簡単ですので、面倒な人はREIT投資のほうがおすすめといえます。
[PR]
by aka15satana | 2018-01-28 11:13

資産運用会社の口コミや評判情報をまとめてます。最近は金投資のラスターレイクについてよく調べることが多いので記事が偏ってますが、他の情報も随時収集して記事にしてきます。


by aka15satana
プロフィールを見る
画像一覧