リスクの少ない株式投資での資産運用 

資産運用を考える際に株式投資という選択肢があります。

株式投資は難しい専門用語や取引方法の複雑さがあると思われる人も多いでしょう。
でも、実はそれほど難しくはありません。
確かに、簡単ではないのですが、ある取引方法に徹すれば簡単なのです。
ある取引方法とは、チャート分析による短期売買です。
チャート分析とはテクニカルな手法と考える人もおられます。
中長期で株式を保有する場合、株価の成長や好業績により高配当を期待します。
株式投資の難しさは、長期で銘柄の予想をすることが出来ない点です。
近年は、大手企業で、市場での競争力優位な売り上げ規模の大きい企業でも、グローバル展開をする場合、業績を押すファンダメンタルズに何らかの問題が発生すると黒字化していた企業でも赤字転落となる場合や最悪のパターンでは上場廃止や企業破たんの懸念もあります。
投資した時は好業績でも数年後にはそのポテンシャルを維持できないこともあるのです。
しかし、短期で売買するのであれば業績にとらわれず、ただ単に価格変動での利ざやを稼ぐことが出来ます。
例えば、現在値1000円の銘柄を1000株買うとします。
必要な資金は100万円です。
1050円に価格が上がって売れば、50000円の利益確定となります。
但し、必ず価格が上がるとは限りません。
利益を掴むためにチャートの監視をして、直近チャートから値動きを読み取ります。
欲張らずに細かな利ザヤをコツコツと稼ぐことです。
下落の懸念が大きい場合は、損切りを早めにしましょう。
利益確定よりも早めの損切りを心がければ損が少なく利益が大きくなります。
1000円の株価が970円になったら損切り、1000円の銘柄が1050円になったら利益確定というようなルールです。
チャートから毎日の値幅の監視をすれば簡単です。
資産運用というと、プランナーや担当者にレクチャーを受けるのが良いと考えるでしょうが、専門家でも相場を読むことはできないので、リスクを少なく短期売買でこまめに利益確定を積み重ねましょう。

[PR]
# by aka15satana | 2017-05-07 11:37

FXで始める資産運用のメリットについて

将来の為に資産を増やしておきたいと考えるのであれば、資産運用を始めておいて損はありません。

金利が低く、銀行に預けていても利息が殆どつかない時代、お金を少しでも増やす為には、運用を考える事が重要になってきます。

その為に有効な方法の一つが、FXです。

海外の為替相場を使った投資法で、相場を見ながら売買をする事で利益を出していきます。

この投資法の特徴のひとつに、24時間いつでも取引ができるという事があります。

株式投資の場合、平日の9時から11時30分、12時30分から15時までしか取引が出来ません。

この時間は、仕事をしていて取引をしている時間的な余裕が無いという人も多いでしょう。

為替相場も、勿論取引が可能な時間帯は決まっています。

ですが、世界の為替相場で見た場合、24時間常に、どこかの相場は取引可能な状態となっています。

ですから、夜や早朝等、様々な時間帯に取引が可能で、日中は仕事をしているという人でも、問題なく投資を始める事ができるようになっています。

将来の為に、資産運用を始めたいと考えても、時間的な問題で株式投資は難しいと諦めている人も多いでしょう。

そんな時は、時間を気にせずに取引可能な、FXを始めてみる事が有効です。

始めたいと考えた時に必要になってくるのが、証券会社の口座と資金です。

ネット証券の口座は、開設をしておくと、FXは勿論、株式投資にも使える事が多くなってきています。

ですから、今すぐ投資を始めたいと考えていなくても、将来的に投資を始めたいと考えているのであれば、ネット証券の口座を開設しておいて損はありません。

それによって、始めたいと考えた時に、すぐに取引を始める事ができるようになります。

用意しておく資金で悩む人は少なくありませんが、1万円等少額からでも始める事は可能です。

しっかり増やす事を考えるのであれば5万円から10万円は用意しておく事がおすすめですが、比較的少ない資金でも始められる事はFXの大きなメリットのひとつとなっています。

[PR]
# by aka15satana | 2017-05-05 13:55

株式投資による資産運用はリスク管理と資金管理が重要

今後の増税や社会保障不安、少子高齢化、終身雇用や年功序列が崩壊する社会で、老後の生活が不安となる人は多いはずです。

公的年金は15年から20年で枯渇すると言われており、財源確保のためには増税や国民負担を求めなければいけないと言われています。

近年では、確定拠出年金などの個人年金に加入する人が多くなりました。

老後の生活資金のために、資産運用を検討する人も増え、株式投資やFXなどの金融投資に取り組む人も増えました。

これから株式投資に取り組む場合、どのよなポイントに注目すべきか、説明してゆきます。

金融投資の基本について考えてみれば、最初にリスクがあるということ理解しなければいけません。

よく、投資に取り組みたいけど、損は絶対にしたくないという人がおられます。

株式投資は安全型資産運用ではありません。

含み損や実損となることがあります。

投資への取り組み方は多種多様で、取引方法には現物取引と信用取引があり、信用取引には売り方から入る方法と買い方から入る方法があり、現物と信用を同時に仕掛ける方法など様々です。

一般的に信用取引はリスクが高いと言われるため、現物で中長期の銘柄保有により株価の成長と配当金を受けることを期待するのが安全な投資法です。

買いポイントは非常に難しいですが、長期保有によるインカムゲインを期待するのであれば、直近価格で安値を狙って買えば良いです。

購入後に価格が下がることがありますが、売却しなければ含み損で、実損とはなりません。

長期で得た配当金が含み損を埋めることがあり、価格が下がった時に難平買いすれば、平均取得単価を下げ、配当金の増額ともなるでしょう。

銘柄選びで注目したいのが、好業績の企業に注目し、さらに国際競争力の高い資本金や売り上げの多い企業で、有利子負債の少ない、なおかつ利益剰余金を潤沢に保有する好財務な企業に注目しましょう。

財務内容の悪い企業は減配や無配転落となる懸念があります。

老後に配当金を受ければ、不安な年金生活のサポートとなるはずです。

[PR]
# by aka15satana | 2017-04-30 13:55

ラスターレイクでお得に投資の金地金を購入!効率的な資産運用

低金利の銀行預金にお金を預けたとしても、ほとんどお金を増やすことができません。投資先としてはあまりにも非効率ですので、他の方法で資産運用する時代だといえるでしょう。

初心者でも始めやすいのが、金地金を利用した金投資です。

ちなみに金投資とはなにか?

金には市場価値があり、取引によって常に価格が変動しています。このお金の流れを利用して運用することで、利益を獲得す
るというやり方です。

しかし金投資はそれ以外にも運用法があります。そしてその通常の金投資以外の運用法を行うラスターレイクがよりオススメです。

ラスターレイクはドバイを拠点とする金地金販売会社です。

では何故ラスターレイクがオススメなのか??

購入先として銀行や貴金属を提供している会社が存在します。しかしこれらの国内の会社で取引するとそれぞれの会社が設定する諸経費がかかってきますので、微妙な価格差が生まれます。さらに消費税が発生するのがネックです。合計すれば割高な購入額になってしまうことがわかるでしょうが、世界的に見ても日本が一番高いとされています。利益を最大限に享受するには適切な購入先とはいえないでしょう。

ラスターレイクを通じて取引すると、ドバイから購入しますので、消費税が発生しません。お得に購入するコツは、海外から購入するだけでなく、保管先も海外にしておけば良いだけです。しかもラスターレイクでは購入した金地金をプライベートバンクで保管運用することで毎月配当金を得ることもできます。これこそがラスターレイクの通常の金投資以外の運用法です。
世界で金を買うことで税金がかからないのがドバイですので、先程も言いましたが税金が諸々かかってしまう日本で購入するとそれだけ損になります。ぜひ諸経費や税金を気にすること無く安く購入できる手段を活用したいところです。

また、たくさんの量を購入するほど海外と国内の価格差が大きく広がってきます。たくさん購入するほど利益を増やしやすくなる仕組みを知って、効率良く資産運用をするのが理想です。

利用を希望するならまずは資料請求をしましょう。ラスターレイクは海外の会社ですが、日本人スタッフが対応しますので心配はいりません。


[PR]
# by aka15satana | 2017-04-29 12:53

物流施設への不動産投資による資産運用の可能性

不動産投資による資産運用先として今注目を集めているものに、物流施設というものがあります。というのは、インターネット・サイトによる商品の購買という形態がブームとなっていて、そのための物流施設に対する需要が旺盛になっているからです。ただ、そんな物流施設を一般の投資家が買えるわけないだろうと思われるかもしれません。

しかし、今はREIT (Real Estate Investment Fund)と呼ばれる不動産投資の形態があって、このREITの購入という形をとれば、個人投資家が数万円から数十万円単位の資金で物流施設の権利を購入することもできるのです。すなわち、物流施設に特化したREIT銘柄に投資をすれば、物流施設の賃料を分配金として受け取ることができるようになっています。ただ、物流施設と言えば恰好は良いが、要は倉庫に過ぎないのではないかと思われている方も多いかもしれません。しかし、今の最新物流施設には、高度の機能が盛り込まれているのです。

例えば、従来型のトラックが一台しか入れないような倉庫では、商品の運搬効率が非常に低かったわけですが、最新物流施設の場合には、トラックが何台も同時に入れるようになっていますので、商品の運搬効率が非常に良くなっています。また、最新物流施設の場合には、単なる商品の保管場所というだけではなく、商品のカスタマイズやセットアップを行うためのスペースや、商品の宣伝をするためにモデルを呼んでコマーシャルを撮るスタジオのような場所も用意されていたりします。ですから、今では各企業が独自に物流施設を持つという形態から、このような物流施設を他社と共同で利用する3PL (3rd Party Logistics)という形態が主流となりつつあるわけなのです。ですから、このような物流施設のREITを購入して資産運用を行うということは、非常に先進的なビジネス・モデルに寄与できているということでもあります。


[PR]
# by aka15satana | 2017-04-25 15:15

資産運用会社の口コミや評判情報をまとめてます。最近は金投資のラスターレイクについてよく調べることが多いので記事が偏ってますが、他の情報も随時収集して記事にしてきます。


by aka15satana
プロフィールを見る
画像一覧