株式について

こんにちは、資産運用について1から勉強している者です。
資産運用には様々の方法があることが分かってきました。その中で今回は株式について勉強していきたいと思います。

そもそも株とはなんなのか?
株というのは、株式会社が資金を集めるために発行しているものの事。
株式会社は、株を売って得たお金で研究開発や社員を雇用したり、事業を拡大していきます。
株を買うということは、株を発行している企業に出資を行い、事業資金を提供していることを意味します。
株主は、出資した企業が利益を出せば、その利益の還元、つまり配当金を得ることが出来ます。このことを「株主優待(インカムゲイン)」と言います。
要するに株とは
「株を買う(株主になる)」=「出資者になる」=「会社のオーナーの一人になる」
という事になります。
株主になると、会社の経営に参加することができ、株主総会での議決権を得て会社の意思決定に参加することができます。また会社によってはその株式総会に参加することによって手土産としてその会社の自社商品や商品券を貰えることもあるそうです。
また、株主は持っている株を他者に売ることもできます。
自分が買った価格よりも高い価格で他の人に売れば、儲けが出ます。
このことを「売却益(キャピタルゲイン)を得る」といい、株で儲けるもっとも一般的な方法です。

また、もし株式の投資に失敗したとしても、「株主有限責任の原則」というものがあり
出資額以上の損はしないというルールに守られています。
これによって株主は企業に投資するリスクを最小限にとどめることができます。
(信用取引の場合は別となっている)

資産運用として株式投資をするメリット
他の資産運用と比べて、少額から始めることができることがメリットです。
10000円以内から買えるマネックス証券のワン株(単元未満株)といったようなサービスもあります。
また、高いリターンが期待できることもメリットの1つです。
銀行の金利とくらべてみるとその差が明らかになります。

ざっと勉強したことを書いてきましたが、株式はまだまだ奥が深く、また改めて学んでいきたいと思います。


[PR]
# by aka15satana | 2017-03-23 15:02

金地金の投資、資産運用のために利用するラスターレイクのサービスについて

個人投資家にとって選択可能な金融商品と言うのは非常に多くの種類が存在しています。最近では株式や為替が人気を集めていますが、これらは景気が良い状況の場合に非常に活気付くと言う特徴を持っています。リスクを取って大きく利益をあげたいと言う時にふさわしい金融商品となっています。

しかしながらこれとは逆に金融不安の際に活況となる金融商品も存在しています。例えばそれが金地金を利用する投資、または資産運用を行う金の取引であると言えるのです。現物資産である金地金はどのような状況においても価値を失うことのない安全資産として一定の人気を持っています。この様な仕組みだからこそ不安定な状況で人気が出てくるのです。

多くの金融商品は利息や配当といった富を生み出す仕組みを備えています。しかしながら金にはそのような仕組みが存在していません。ただ持っているだけでは決して増えることがないと言う特殊な資産であるといえます。ただ裏を返すと、その価値が失われるということも基本的には無いのです。会社が破綻しようと、国が破綻しようと、その価値を失うことがないのが世界的に価値を認められている金と言う存在なのです。

ラスターレイクはこのような金を安価に購入することができ、かつ株のように配当金が毎月支払われるといったサービスを提供している業者として知られています。

金を購入するだけであれば実に様々な業者から購入することができます。数ある業者の中でもラスターレイクが人気である理由の1つは、先述の通り、日本の一般的な相場よりも安く購入することができる仕組みが存在しているからです。一般的に日本の相場よりも8%程度安く購入することができるとされており、値上がりでしか利益を生み出すことの出来ない金にとっては大きな魅力であると言えます。少しでも安く購入することができれば、それだけ利益に直結します。

更に、ラスターレイクは購入した金をプライベートバンクで保管運用するため、毎月配当金が支給されます。

このように2つの大きなメリットを持つ業者としてラスターレイクは非常に魅力的なサービスを提供していると言えます。

[PR]
# by aka15satana | 2017-03-22 12:57

満期が選べて中途解約が可能な国債で資産運用

日本が発行する国債はリスクがとても少ない資産運用をすることができ、貯金よりも効率の良い資産の増やし方として昔から人気があります。

リスクが低いため、株式やFX、不動産のようなハイリスク・ハイリターンの投資を活用しつつ、リスク分散の意味として保有しておくと、安定した資産運用に役立つことでしょう。

国債による投資の始め方は割と簡単です。個人であれば、個人向け国債が国から発行されています。他の種類に比べると必要資金が少なめで手軽に投資ができる魅力を持っており、初心者にもおすすめの商品です。

取り扱いのある銀行や証券会社、信託銀行などで購入することができます。インターネット経由でも取引できますから、活用してみましょう。国が発行するものですので、どこで購入しても内容は同じです。別の部分のサービスを見比べて、購入先の相手を選ぶのが良いでしょう。

個人向け国債には3種類の満期が用意されています。満期とは、その日が訪れると契約満了になり、国債を購入することで国に貸したお金が返済されることを意味します。3年と5年、10年の3つから好きなものを選べるようになります。3年と5年は満期まで金利の変更がありません。現時点では0.05%の金利が保証されています。10年を選ぶと半年ごとに金利の見直しが行われる、変動金利が適用されます。しかし、現時点の金利0.05%は保証されますから、長期間保有し続けているうちに低くなることを心配する必要はありません。

他の種類だと満期まで保有する義務が生じますが、個人向け国債であれば、満期を迎える前に中途解約ができます。但し、最低でも1年間は保有し続けることが条件です。簡単な手続きで中途解約が可能ですので、その時の状況に合わせて解約を決断すると良いでしょう。

中途解約を実行すると直前2回分の利子に一定の数字を掛け算した金額が、額面金額と経過利子相当額の合計金額から引き算されて戻ってくるようになります。

[PR]
# by aka15satana | 2017-03-18 11:01

安定した投資や資産運用にはラスターレイクで金地金の選択を

投資というのは資産を増やすだけでなく、減らさないために行うという目的もあります。

特に現在の日本社会というのは超低金利であるため、銀行にお金を預けていてもほとんど利息がつきません。

利息はつかないのにインフレは加速していくので、お金は使わずにそのままにしていればどんどん価値が下がってしまいます。

しかし、知識がない人が積極的に資産運用を行うにしてもリスクが大きなものであり、わけも分からずに投資をするとやはり資産を減らしてしまうことになります。

誰でも少ないリスクで投資をしやすい対象としてあげられるのが、金地金であり常に一定の価値を保ったものとなっているので、リスクの少ない投資をしたいと考えたときには最適なものとなっています。

その時の情勢に合わせて価値が上下するので、インフレになれば金地金の価値も高まることになりますから、銀行にお金を預けて何もしないままに価値が下落してしまうよりは、インフレ対策になるといえます。

もちろん、下落をしてしまうこともありますが価値がなくなるものではないだけに、下落をしていても安心して購入をすることができるのも金地金の強みとなっています。

そして金地金で投資を行う場合には当然金地金を購入しなければなりません。金地金を購入することができる場所は様々ですが、コストが少なく金を購入でき、かつ安定した資産運用ができる会社がラスターレイクとなっています。

ラスターレイクはドバイに本拠を持つ金地金を販売している会社です。ラスターレイクではドバイで金を購入することになるので、消費税がかからずにそれだけで国内の業者で購入するよりも8パーセント以上も安く購入ができるのです。更にラスターレイクでは購入した金地金をプライベートバンクで保管運用することで毎月配当を得ることができます。

安く購入をすることができる分だけ、多くの金を買うことができるので効率の良い投資をすることができるため、長い目で見たときにはこの差は非常に大きなものとなります。

[PR]
# by aka15satana | 2017-03-17 12:57

不動産による資産運用の方法について

自己資金をあまり使わずに資産運用できるのが不動産投資の魅力です。賃貸経営を行うことで家賃収入を得た上で、購入時に組んだローンの返済を行うからです。ここで注意したいのは、購入の際に立てる返済計画です。

不動産投資におけるマンション販売などでは、家賃利回りという表現で魅力をアピールします。けれどもこれは実質的に得られる利益を元に算出したものではありません。あくまでも、購入金額と家賃金額との比較である点を理解する必要があります。さらに新築マンションの場合、当初はかなり高い家賃単価を設定できます。いわゆる新築というプレミアム価格が上乗せされているわけです。つまり中古となった瞬間にそのプレミアムは無くなり、家賃収入も減少することを知っておく必要があります。また想定される家賃収入でぎりぎりローン返済ができるような購入も避ける必要があります。

まず賃借人が退去した後には室内のクリーニングなどを行いますし、一定期間は家賃収入がありません。次の賃借人がすくに見つかれば良いのですが、場合によっては数ヶ月空き部屋となるケースもあります。そのような時に備えて家賃収入が少し残るくらいのローン返済計画を立てることが大事です。また室内の設備も古くなればメンテナンスが必要です。特に水回りは綺麗にしておかなければ、なかなか借り手がつかないものです。そのための費用も確保する必要があります。このように不動産による資産運用では、あらゆる出費や収入が途絶えるリスクを想定して計画することが大切です。また長期保有によって年金代わりに家賃収入を得るならば、早期にローンを完済することも大事です。そのためには、毎月の家賃収入から一部を積み立てて、繰り上げ返済によって完済を早める必要があります。

返済期間が短くなるほどに金利負担が減るので、その分出費が少なくなりお得です。このように資金計画を立てる上で、まずは購入時にどのような物件を検討するのかが鍵となります。

[PR]
# by aka15satana | 2017-03-12 16:27

資産運用会社の口コミや評判情報をまとめてます。最近は金投資のラスターレイクについてよく調べることが多いので記事が偏ってますが、他の情報も随時収集して記事にしてきます。


by aka15satana
プロフィールを見る
画像一覧